プロミス

プロミスの審査お申込に条件内容を確認!

プロミスの融資条件

 

プロミスで選ぶべき3つの理由

1.手軽に素早く借り入れが可能!

 

通常、銀行でお金を借りる(融資)を受ける場合では最低でも1〜2週間ぐらいが必要とされています。しかし、消費者金融系であるプロミスではWEB契約でお申込みいただくと、最短で即日融資が可能です。だから、困った日にスグに受け取る事ができるので非常に助かります。

 

2.ポイントサービス登録で30日間無利息!

 

今回はじめてプロミスでお申込みをされる方なら、ご契約してからポイントサービス登録で会員となると翌日から30日間分の借入が無利息として扱われます。だから、借りたお金を30日間以内で返済できる計画がある方なら迷わずにプロミスを選びましょう。

 

3.低金利だから初めての借入でも安心!

 

お金を借りると1日借入をしている期間ごとに利息を支払わなければなりません。1〜2万円程度であれば、一日あたりにかかる利息も少なくて済みますが、数十万円単位となると結構バカになりません。プロミスでは、消費者金融系の中でも最高金利の利率が17.8%と他社よりも低いので小口融資を希望されている方ならプロミスを選んで間違いないでしょう。

 

詳細はこちら     お申込みはこちら

プロミスの審査を通過させる為の3つの極意とは?

審査の極意を探す

あなたが、今回初めてプロミスでお金を借りるか検討をしているのであれば、審査についてかなり不安があるのではないでしょうか?初めての行動ってかなり勇気が必要です。

 

当サイトでは、あなたが審査に見事通過する為の3つの極意をお伝えしておりますので、借入前に必ずチェックしておきましょう。なぜなら、多くの方が簡単なミスで審査に落とされているからです。

 

ですから、これを機会に他人の失敗の教訓を生かして我が身を振り返りましょう。それでは読み進めて下さい。

審査を通過させる為の3つの極意

極意1.年収はウソをつかないのが鉄則

 

あなたは、友達に「そういえば!お前年収っていくらもらってるの?」って聞かれたら多目に言いますか?
少な目に言いますか?大半の方なら、年収は多めにサバをよむはずです。何故なら、人は他人からよく見られたいと思う生き物だからです。

 

そこに問題があるんです。
お金の借入には、審査お申込み時にあなたの年収を記載する項目があります。

 

もし、そこであなたが多めに年収をサバをよんでしまったら審査落ちするかもしれません。なぜなら、ウソが分かるからです。

 

多くの金融機関では、今までの借入してきた方の年収データを豊富に蓄積している為、あなたの勤務先の規模や勤務年数等で正確な年収かどうかを見極めることができます。
ですから、あなたがもしウソをついてしまったら第一印象から信用を持てないので、審査落ちさせる対象となってしまいます。

 

なので、絶対に年収の申告では正しい年収を記載しましょう。

 

極意2.年収の1割以上で借入希望を出さない!

 

あなたは今回の借入で幾らほど借りようと思っていますか?
実は、その借入予定金額の金額設定によっても審査の対象となっています。まずは、下記の重要参考データをご確認ください。
金融庁の事務ガイドライン
以上の事から、あなたへの融資金額は年収の1割程度が借入限度額となります。ですから、あなたの借入予定金額が年収の1割を下回っていたらそのまま申告して大丈夫です。

 

もし、あなたの予定金額が年収の1割を超えているようでしたら少なく申請をしましょう。

 

極意3.他社からの借入は絶対に隠さない!

 

あなたはウソをつく人を信用できますか?ふつうは出来ません。ましてや、お金を貸す相手がウソ付きならば絶対に貸したくありません。

 

これと同じように、借入審査のときに「他社からの借入はありますか?」という問いに答える場面があります。もし、その時点であなたが他社から借入をしているのにバレないと思って「借りていません」と答えたら、即審査落ちの対象となります。

 

「なんでバレるの?」と思いますよね?それは、金融機関があなたの信用情報について調べているからです。
信用情報には、あなたの「金銭に関するトラブルがあったか」「どこで借入をしたのか」「いくら借りたのか」「いつまでの期間で返済するのか」など、全ての情報が丸わかりなんです。

 

ですから、どうせならウソをつかずに正直に借りている件数を答えたら結構アッサリと融資してくれることも多々あります。
審査の決定を下さいているのは、あなたと同じ人間ですから不快な思いをさせずに正直に告白したら、あなたの事を助けてくれるものです。

 

まとめると・・・

 

1.年収はウソをつかない
2.年収の1割未満を借入予定金額とする
3.他社からの借入は絶対に隠さない!

 

何が言えるのかというと、正直者であることが大切ということです。

 

もし、あなたがまだ借入できるか不安ということであればプロミスの公式サイトから「3項目入力の3秒借入診断」をしてみてはいかがでしょうか?
あなたが借入できるかどうかの指標を出してくれるので、何だか不安だと思う方は受けてみて下さい。

 

もちろん、診断にはお金も必要ありませんし匿名で使用情報も傷つかないので気軽にプロミスの公式サイトから「3項目入力の3秒借入診断」でお確かめください。

 

≫プロミスのお申込みはこちら【プロミスの詳細】≪

プロミスであってるの?他社と比較してわかる借入するべき会社

比較検討している

あなたが消費者金融会社からお金を借りる際に比較検討するとしたら、金利を見て判断するのではないでしょうか。

 

各会社の金利表示を見ると「年利○○%〜○○%」と表記されています。

 

一般的な金利比較の場合、一番左側に記載されている最低金利の利率をみて一番低い所を選びますが、それだけでは危険なんです。

 

なぜなら、小口融資(1〜100万円未満)の場合は金利が最高金利で適用されるからです。
ですから、小口融資で希望しているのであれば最高金利が最も低いキャッシング会社・消費者金融を選ぶ事が大切です。

 

まずは、下記の金利比較表をご覧ください。

金融会社名 金利
プロミス
プロミス
6.3〜17.8
アコム
アコム
4.7〜18.0%
モビット
モビット
4.8〜18.0%
アイフル
アイフル
6.8〜18.0%

 

以上の結果から・・・

100万円未満での借入予定額なら?

最高金利の利率で比較した際に、もっとも低いプロミスを選べば間違いないでしょう。また、プロミスには30日間の無利息サービスがあるので短期的に借入してスグ返せるなら絶対にお勧めです。

 

プロミスお申込み
≫プロミスのお申込みはこちら【プロミスの詳細】≪

 

100万円以上での借入予定額なら?

あなたが100万円以上での借り入れ条件が整っているなら、最低金利が一番低く利幅に余裕のあるアコムがベストだと言えるでしょう。

 

大口融資は、借入予定金額が大きくなる度に利率が低くなりますので、消費者金融系であれば利率の下げ幅が大きいアコムを選ぶことが賢い選択となります。

 

アコムお申込み
≫アコムのお申込みはこちら【アコム公式】≪

プロミスでは本人確認があるようですがどんな内容ですか?

プロミスは消費者金融の中でもトップクラスの大手企業です。
CMなどでもおなじみですね。

 

プロミスでは契約時に本人確認を行っています。
これは不正や犯罪などを防ぐためですので、どんなお客様に対しても例外なく行っています。

 

契約の際には本人確認書類を提出する必要があります。
本人確認書類として認められるのは運転免許証ですが、運転免許証をお持ちでない方は健康保険証またはパスポートが認められます。
いずれも有効期限内のものに限られます。
プロミスはwebで契約することが可能ですが、その場合は本人確認書類を画像にして指定のメールアドレスに送付します。
郵送で契約する場合はこれらの書類をコピーして送付します。
また画像や書類のコピーは返却されませんので、ご了承ください。

 

免許証の場合は変更事項がある場合は両面を、健康保険証の場合は被保険者および被扶養者のページを、パスポートの場合は写真および住所のページをそれぞれ画像化もしくはコピーしてください。
書類の画像化には携帯電話で写真を撮る、スキャナでスキャンするなどしたもので十分です。

 

メールの送付先はお申込み確認の際にプロミスから連絡があります。
申し込み前に準備しておくと契約がスムーズになりますね。

 

本人確認書類に書かれている自宅住所と現在住んでいる場所の住所が異なる場合は納税証明書や公共料金の領収書(もしくは請求書)、住民票の写しなど、指定された書類の提出も必要です。
発行日から6ヶ月以内のものが認められます。